ホームページ制作のコツとルール

タイトル『ホームページ制作のコツとルール』

JQ007_350A

  1. ホームページ制作をする時何をすれば良いのかわからなくなる。
  2. 他人を真似る。
  3. ただし配慮が必要

JQ028_350A

ホームページ制作をする時何をすれば良いのかわからなくなる。

スマートホンやブログ、ツイッターの影響で、個人がインターネットを利用する頻度はますます増える昨今、周りの人と似通ったブログ、ツイッターでは満足できなくなってきた人もいるでしょう。
そういった人が自分だけのホームページを作りたいと思った時に陥りやすいのが、何をすればよいのか分からなくなることです。

他人を真似る。

元来ホームページというのは自宅のパソコンでも作成できるもので、熱意さえあれば無料でもよりクオリティの高いホームページ作りは可能です。
しかしそれにはプログラミングの知識がかなり必要になるので、よほど手間をかけないと独学での製作は難しいでしょう。
そんな初心者の方にお勧めの方法は、『他人の真似をする』ということです。
矛盾しているように思われるかもしれませんが、自分から見てハイセンスなホームページは他人からもハイセンスに見えるもので、そこに『自分だったらこういう風にアレンジしたい』という思いがあれば完璧です。
後はその方法を自分なりに調べて、実行に移せば、少なくとも周りの人からは十分抜きんでたホームページが制作可能です。

JQ153_350A

ただし配慮が必要

ただし一つ注意しなければいけないのは、真似させてもらう側への配慮です。
ホームページのデザインだけなら著作権等は無い場合が多いのですが、権利が無ければ何をしても良いわけではありません。
無断コピーやトレースは決してせず、技術を教わる側としての態度を心がけましょう。

ホームページ制作の依頼は「ホームページ制作 東京」

ホームページ制作のキーワード。

  1. ホームページ制作にはいろいろ難しい問題があります。
  2. キーワードのさじ加減が必要
  3. 、キーワードの問題は検索エンジンの問題です。

JS163_350A

ホームページ制作にはいろいろ難しい問題があります。

何かホームページ制作では、キーワードを重視するということでヤタラメッタラキーワードを詰め込んでいる人たちもいらっしゃるようです。
しかし、実際にキーワードを詰め込めば詰め込む程いいという問題でもありません!このさじ加減も難しいと思ったら、やっぱりアドバイザーが必要だと思いますね。
今、私達の現代社会で一番大事な部分です。
一番大事な部分を結構簡単な気持ちですり抜けてしまおうと思っているのではないでしょうか。

JS165_350A
結局、キーワードの問題も利用者の見た目の問題でなく、検索エンジンの問題です。

googleと言った検索エンジンでは、1つのキーワードを記載する場合と6つのキーワードを網羅する場合とでは、1個のキーワードを記載した方がキーワードの重要性が高くなって、検索エンジンの上位ランキングされる可能性が高くなります。
私達はキーワードに何を託しているのかと言えば、上位ランキングなのです。
上位ランキングのないキーワードは意味がありません。
そして、使用している人たちは、検索エンジンに出てきた1ページ程度のものを見てショップを決めてしまう傾向にあります。

キーワードはそのための対策なのです。

JS013_350A

ホームページ制作のSEO対策のデメリット。

みなさんがホームページ制作でSEO対策、SEO対策と言います。

しかし、実際にSEO対策にデメリットもない訳ではありません。
一体SEO対策のデメリットとは何かについても知ってください。
メジャーな検索エンジンが情報を収集するのはHTMLで書いたテキストデータのみです。

ここに何が言われているのかといえば、もはや記号すら、検索エンジンに求めてられていないということです。
道路でしっかり意識しているり安全マークも検索エンジンの世界では意味を持ちません。

JZ108_350A
私達のショップを安全安全というマークで表示しても、そういうショップのホームページは、何ら検索エンジンに登場することはないでしょう。
検索エンジンに相対するホームページの世界とはそういう世界であって、私達はて画像でも、商売を訴えかけることも出来ません。
SEO対策の世界、そしてそれに対抗する世界はあるホームページ制作に対して一定の規則を作ってしまっているのです。
あの写真を使ってショップをホームページでアピールしたい・・・。
そういう思いは、SEO対策のために断念しなければならなかったりします。
ビジュアルデザイン重視、そういうホームページに対しての意識も、SEO対策が崩して行ってしまうのです。

ホームページ制作におけるありがちな失敗

タイトル『ホームページ制作におけるありがちな失敗』

JZ154_350A

人間だれしも、その意図はなくとも他人を不快にさせてしまうという事はよくある話です。
ホームページは他人が自分の作ったものを見るところですので、少しでも不快に思わせてしまえばその品質はがくっと落ちます。
そう言ったことを防ぐために、『ホームページを作った時にありがちな失敗』を紹介しますので、ホームページ制作の時の指針になればと思います。
まずよくあるのが、自分の発言の炎上です。
売り言葉に買い言葉、ということわざにもあるように、他人の発言、特に注意や説教といったたぐいの言葉は他の閲覧者そっちのけでヒートアップしやすいものです。
これがネット上で一番多いトラブルですので、ネット上の不審者は放置が原則、ということを覚えておきましょう。
次によくあるのが、『見にくい』ホームページです。
背景が真っ黒なのに文字が濃い青色とか、どこをクリックすれば目当てのページに行けるのか分からないといった、複雑さは非常に面倒です。
さらには、『工事中』といった項目も、見る人のやる気を削ぎます。
原則として、工事中の部分は一日程度、長くても一週間以内には完成を目指しましょう。
上に挙げた二つは特に初心者の方が陥りやすいことですので、ぜひ早いうちに脱却して、よりよいホームページをめざしていきましょう。

ホームページ制作におけるありがちなつまらない話

キーワード:「ホームページ制作」
タイトル『ホームページ制作におけるありがちなつまらない話』

JZ009_350A

ホームページを作りたいと思った人にとって、自分の思うようなページを作りたいと思うのは当たり前なのですが、自分の思うようなページができたからといって、他人からもそう見てもらえるとも限りません。
ここではホームページ制作者によくある「つまらないこと」を事前に知っておくために、二つの「つまらない話」を紹介したいと思います。
まずよくあるのが、「掲示板を作ったらアダルト系の広告で埋められた」という話です。
掲示板は、よほど書き込む人がいない限り広告を張り付けられやすいものです。
こうなってしまうと非常に質の低いホームページに見られてしまうので、検索エンジンで探しやすいホームページであればあるほど掲示板の設置は避けるべきかもしれません。
もしくは、パスワードページを作ってその中でやり取りすればある程度は防げます。
もう一つが、「アクセスカウンターを付けたけれど予想外に伸びずにやる気を失くした」という話です。
大手なら個人でも一日数千数百のアクセスはありますが、そうでもなければ一日に数人程度のアクセスが普通です。
むしろよくある話なので、気にすることはないでしょう。
どちらの話にしても、色々な人がそういったところからスタートしています。
少々のつまずきは気にせず、少しずつ自分の思うとおりのホームページにしていくことが一番大事なのではないでしょうか。